小学生の娘の運動会で、ビデオカメラの撮影にチャレンジしました

先日、小学生の娘の運動会がありました。台風の影響で、日曜日に予定されていた運動会が平日に延期になってしまい、旦那は仕事を休むことが出来ませんでした。私は運動会に来ることが出来なかった旦那のために、ビデオを撮ることになりました。

自慢じゃないけど、私は、機械音痴です。つい数ヶ月前まで、「フリック入力?何それ、美味しいの?」とか言っていました。そんな私が、ビデオを撮ることが果たして出来るのか?しかも、三脚無しという状況です。

運動会当日、旦那から教えられた通りにレンズカバーを開けて、録画のスイッチを押してみました。右利きなので、右手にビデオカメラを持って撮影をしていると、すぐに右腕が痛くなってきました。できるだけ地面と平行か、少し上を撮影しているつもりなのに、ちょっと気を抜くと、ビデオカメラの重みで下ばかり撮影してしまっています。これではいけない、しっかりせねばと自分に喝をいれ、右腕を左手でしっかりと固定して撮り続けました。

おかげで子供が出場した競技は全部まともに撮影できていました。ただ一つ不味かった点は、私のつまらないお喋りが全部録音されてしまったことです。大声で応援、または独り言を言いまくっていて、家族以外の人には見せられない仕上がりになってしまいました。とても恥ずかしくて残念です。キレイモ 予約