憧れのような気持ちで好きな先が空港。

昔からエアポートという要所は憧れの要所であり続けている。航空を乗る時には、とっくからエアポートに行ってニュアンスを楽しんでいます。屋上デッキから発着陸を増やす航空を眺めたり、エアポートの中で料理をしたりお職場を観るだけでずいぶん幸せな気持ちになります。いつのエアポートも広くてきれいなので、地元の方もしばしば遊戯に来ているそうです。
元々メンテロケーションの視聴トラベルにも参加したことがあります。パイロットの着衣を着て記念撮影をしたり、やはりメインはヘルメットをかぶってのメンテロケーション視聴だったのですが思ったよりも一際広くて実に楽しかっただ。満載ふと写真を撮ってしまいました。こども連れの方もたくさんいて、大人もこどもも楽しめる視聴だ。なかなか人気のようで、インターネットで早めの仕込みをしないといけないくらいだ。
エアポートにある方々が別別々の場所に通うというのがまたロマンを感じますし、こうした要所というのはココしかないと思います。