出所はどんな営みをしているのかについて

細胞について勉強しました。ルーツはルーツ膜で包まれていて、ルーツ膜孔という構成を通して、細胞デキと連絡している。ルーツの内部には、染色カラダとルーツ小体があります。アメーバを用いて、無ルーツの細胞片をつくり生産すると2〜3お天道様は生きていますが、とにかく死んでしまう。このことは、ルーツが細胞の重要活動をキープ・調節する実行の中心であることを示しています。ルーツにはまた、個体の姿を子孫に広めるという重要な実行があります。これらの実行は、ルーツの染色カラダに含まれている遺伝子によるものです。次は、アメーバの検証についてだ。栄養素が十分に生じる良し設定でアメーバを生産行う。アメーバは成長し、回避によって増えます。ルーツと細胞デキはばらばらでは生き延びることができず、これから崩壊します。無ルーツの細胞片はやがて崩壊しますが、有ルーツの細胞片は素材とおんなじがたいのアメーバに成長し、回避によって増えていきます。知らないことを知れて良かったなと思いました。