大人こそ共感する日本ならではの風情の魅力

子供の時はテーマパークのようなワクワクするメルヘンな世界に興奮していた人も、年を重ねるにつれて日本の風情の魅力に心惹かれる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回紹介したいのが岐阜県です。
なかなか旅行先として選ぶ人も少ないと思いますが、岐阜県には観光スポットが多々存在しています。
中でも世界遺産に認定されている白川郷は、日本でしか見られないであろう合掌造りの家を見ることができ、外国人の観光客の人が多く訪れています。
私が行った時はもしかしたら外国人の方が多いのでは?と思うくらいでした。
若い人からするとなかなか興味を惹かれないかもしれませんが、いざ近くで合掌造りの家を間近で見ると本当に圧倒されます。
中から見るとどうなっているのか仕組みが分かるので、集落の人達の努力の賜物を感じることができ、日本の技術がいかにすごいかと思えます。
他にも岐阜には飛騨高山という観光名所があります。さんまちと呼ばれる街並みは、小京都と呼ばれるくらいに日本古来の優雅な雰囲気を感じることができ、写真に残したくなる美しさでした。
発信力のある若い人にこそ、知ってもらいたい素敵な場所ですね。

アカチャンホンポの出産準備用品説明会に行って来ました

アカチャンホンポの出産準備用品説明会に行って来ましたが、色々とためになりました。
まず、17時開始で、始まってすぐに入院中に必要なものの説明を受けました。骨盤ニッパーや、その他下着類など、これが必要なんだというのが改めて理解できました。
その後、赤ちゃんの肌着についての説明を受けました。肌着については、それぞれの形で呼ばれ方が違うこと、生地の違いなんかも見せてもらえました。
どの服にどれを着せてというのがイマイチわかっていなかったので、本当にためになりました。実際に赤ちゃんのお人形に肌着を着せる体験もさせていただいて、なんとなく実感が湧いて来ました。また、何を基準に選んであげるべきなのかを考えることができました。
その後に沐浴時に必要なものや哺乳瓶の説明をしてもらいました。哺乳瓶はやっぱり大は小を兼ねるの考え方でいいみたいですね。乳首だけ気をつけてあげないといけないということが聞けてよかったです。その後布団の説明でしたが、できるだけいい布団を用意してあげたいなという気になりました。