文字通り、強烈お好み焼き…モチモチ舌触りが好きな方はお努め下さい

お好み焼きを探る時って普通は薄力粉を取り扱うんですけど、こないだうっかり間違えて強力粉を使ってしまいました。
カメリアの強力粉とニップンの薄力粉ってちょこっとパックドラフトが似てるんですよね。
(と、自分のどんくささを棚に上げてさりげなくクレアトゥールの所為に心がける)
それで、強力粉で作ったお好み焼きはどんな感じになったかというと、なんというか、痛烈感じになりました。いやめちゃくちゃだ。

そもそも薄力粉は粒が細かくてグルテンが速くさらっとしていますが、強力粉は逆で粒が粗くてグルテンが多くてもっちりやるという違いがあります。
パン生地を作り上げるときは強力粉を取り扱うんですけど、それはイーストで膨らませるからフワフワ始めるんですよね。
でもお好み焼きは膨らむ原因がないのでただただもっちりずしりした産地になり、噛みごたえがあって、ずーんと腹部に貯まる感じのまさに痛烈お好み焼きが出来上がりました…。
私的には何とか軽くてさっくりの薄力粉のほうがいいですが、もちもちした味覚が恋愛は強力粉で作ってもいいかもしれません。