親のストレス解消が子育てを優しくする?!

子供と暮らしていると、日によって違う子供の機嫌に振り回されて、自分の感情も波立ってしまいがちです。でもそこでぐっとこらえて、大きく包んであげるのが大人の役目ですよね。そんなに毎回うまくいくわけではないですが、大人が上手にストレス解消して、子供が少々イライラしたり、当たり散らしたとしても、「ドンと来い!」状態にしておいてあげたいものです。私のストレス解消法は、好きなテレビドラマを見ることや、図書館に行って面白い小説やドキュメンタリーを見つけることです。どうしてこれがいいのかなあ、と考えると、やっぱり「日常を離れられる」からなんですね。普段と違う世界に没頭することで、ドキドキしたり、感動したりして、それが結局心をリラックスさせてくれるので、満足感を得ているんですよね。そうすると、日常に戻った時、すっきりした気持ちで冷静な対処ができるんです。単純な奴、と自分でもあきれるほどですが、そんな身近な方法が一番継続できるような気がします。子供だって、色々気をつかっているし、学校には学校の社会や人間関係や、暗黙のルールみたいなものがあるだろうと思います。それに一生懸命なじもうとするのは、大人になって本当の社会に出たときの練習なんですもんね。実は、こうやって書くことも冷静になれる方法だなあと実感しています。親も子も、頑張れ〜!

見てびっくりしてしまった子役の成長ぶり。

「花宵道中」を見ていました。邦画の映画で、花魁の物語。花魁って、着飾って綺麗にしているから、華やかに見えるけど、やはり辛いです。こういうお仕事って、今でも密かにあると思いますが、やっぱりダメって思いますね。
物語としてみている分には、いいかなって思うのですけどね。
それにしてもこの映画のヒロインは、安達祐実さん。いやあ・・・、なんとなく抵抗を感じます。幼い顔をしているせいなのか、花魁って感じには見えませんし、子供っぽい表情だなって感じるし。うーんって感じ。いいところのお姫様って感じなら、なんとなくハマり役って思いますが、この役はなんとなくミスでは?って思っちゃいます。綺麗だし、美少女って感じ。花魁姿は、びっくりするぐらい可愛いくて、見ていて損はないなって思いましたが、どうにも幼い感じがして・・。にしても、そんなイメージの安達祐実さんなのに、どうしてこんな映画を受けたのかしら?とか思っちゃいました。まあ、だからこそ、この映画にご出演されたのかもしれませんね。

今日は儲けが達成できてよかった。取引頑張った甲斐があった

今日の収益は31000円。ノルマ制覇で良かったよかった。
日々こういうステップだと、月の売上は90万円になるのだが、まずまずそんなにはうまくいかない。
既に、今月の収益は12万円。此度が5太陽なので、毎日24000円です。
なんだかうまくいかないね。

あたいがもしも月に90万の収益があるからには、私の生活費は10万ですむ。
そうして残りの80万円を集積する。それから年間で960万円の集積ができる。
そんなにあれば、十分な老後の預貯金になる。
老後資金は50費用から貯め始めても良いというのを何処かで聞いた。
そのためには、今から技を積み重ねて出向くことが大切だと想う。
ただ闇雲に仕事をしていてはいけない。個人で戦いたいとか、技もないのに
ただつっこんで行くだけだと、ひどい。
あたいは技がある。PCの仕事と、経理の仕事で大きなキャリヤを積んだ。
それが今現役につながって要る。楽しい。
あとはEnglishです。Englishができれば、つよい。脱毛ラボ 予約 カウンセリング