2018年冬アニメ「りゅうおうのおしごと!」が最終回を迎える

2018年冬アニメ「りゅうおうのおしごと!」が最終回を迎えた。
このアニメは、白鳥士郎氏のライトノベルが原作で、若き竜王である「九頭竜 八一」と八一の弟子となった女子小学生「雛鶴 あい」を中心に描かれる物語である。
題材が将棋ということで、将棋を指している場面も描かれるが、基本は、八一とあい、八一の姉弟子である「空 銀子」、あいの色々な面でライバルであり八一の弟子でもある女子小学生「夜叉神 天衣」などがイチャイチャしている場面が多い、どちらかというとハーレムアニメのような気がするアニメである。
このアニメは、原作の盛り上がったところを描くために、中盤をいろいろ端折ってしまい、原作ファンに批判された。私は、原作を読んでいないが、確かに描き方が不十分な面もあった気がする。
また、八一の強さを強調するために、八一のチートな部分を描いているのであるが、リアルで藤井聡太六段が、それらを上回る実績を上げてしまったため、ちょっとタイミングが合わない不運な面もあった。
もう少し丁寧に描けば良かったような気がする惜しいアニメだったと思う。全身脱毛 おすすめ

レクサス顔のプリウスって、何であんなにださいんだろうか

最近では、若い人で車好きというのも、それほど聞かなくなったような気がします。
子どもの頃、実家の近くでは、自宅のガレージや駐車場で、車の洗車をしていたり、ボンネットを開けて車いじりをしている人を見かけたものです。
都内のように車が生活の必需品でない地域と、そうではない地域とでは、温度差も少しあるでしょう。
それでも、昔よりは変なルックスの改造車を見る機会は、少なくなったような気がします。
でも、そんな中でも、ときどき見かけるのがレクサスのスピンドルグリルを真似たプリウスの改造車です。
トヨタとレクサスは同じトヨタの中に属していますが、メーカーがそんな外装を手がけることはありません。
明らかに改造車なのですが、ときどき同じような車を見かけたりするんですよね。
でも、そのレクサスの顔をしたプリウスを見ると、「レクサスを買うお金はないので、プリウスで我慢してます」というような感じがして、なんとも言えないダサさがあります。
もちろんLSのような車は無理でも、プリウスの新車が買えるなら、レクサスのエントリーモデルくらい購入できそうなものなのですが…。ベルタ酵素 どこに売ってる