鹿児島県でハドロサウルス類とみられる化石が発見されました

鹿児島県で7000万年前の恐竜の化石が発見されたようですね。

草食恐竜の一部分という事で、アジアの恐竜の謎を解明するのに役立つのかもしれません。

しかし化石が発見されるというのは凄い事ですね。

化石はごく当たり前のように存在しているように感じている方もいるかもしれませんが、今回で言えば7000万年もの間、生き物として活動していた時の原型を留めていたという事ですし、完全な形でなくともこれだけの年月を経て発見されるというのは凄い事だと思います。

人間の寿命は長くても100年ぐらいですし、7000万年というとその70万倍の年月を化石として過ごした事になります。

それだけの時間、生物として原型を留めているのはごく身近にある奇跡と言えるのかもしれません。

ところでこの化石は鹿児島で見つかったとの事ですが、それは現在の鹿児島辺りに住んでいた恐竜という事でいいのでしょうか。

恐らく違いますよね。7000万年もの時間が経てば恐らくプレートがかなり移動していますし、現在は鹿児島県の位置であっても、もしかしたら7000万年前は大陸の一部分だったりするかもしれません。

なんにせよ言えるのは相当な年月を過ごしたロマンの塊が人間に発見された、という事ですね。お金借りる 即日